亀戸天神梅まつり

   福岡県の太宰府天満宮で咲き始めた梅  を携えて使者が訪れ、
   天満宮の2人の巫女から同神社の神官  へ、紅白計2鉢の梅の鉢植えが手渡され  ます。
   太宰府に左遷された菅原道真(845-903)  が都の自宅に咲いていた梅を思い
   「東風(こち)吹かば匂いおこせよ梅の花
           あるじなしとて春な忘れそ」
  と詠むとその木が一晩で飛んできた
「飛梅」伝説にちなんで始めらました。   250本の梅が咲き誇ります。

  場所:亀戸天神 
  主催:亀戸天神梅まつり実行委員会
  後援:江東区  江東区亀戸観光協会
  協力:亀戸天神社

tenume2.gif (15067 バイト) tenume4.gif (22921 バイト) クリックして拡大画像に